ラブライブのアニメや映画の全話すべてを完全無料で31日間フル視聴するならココからU-NEXTを無料登録 ボタン

上野かほ(ラブライブ公式サイト乗っ取り犯人)の目的や運営側のハッキングへの対応も!

ラブライブ!公式サイトの乗っ取り騒動が、いきなりの収束を見せました。

あまりの急展開にかなり驚きですね。

ということで、今回は乗っ取った犯人である上野かほ(仮名)について迫ってみようと思います。

あわせて読みたい
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯行集団(犯人)は誰?人数や被害額も調査!
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯行集団(犯人)は誰?人数や被害額も調査!ラブライブ!公式サイトが乗っ取りの被害に遭い、話題になっています。HPにアクセスするとテキストが表示されてしまい、これまでのサイトに進めません。一方で運営側に対...
あわせて読みたい
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯人が特定!?
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯人が特定!?ラブライブ!公式サイトのドメインが乗っ取りの被害にあっていますが、特定班がその犯人のアカウントを特定した可能性があるようです。https://lovelivedays.com/officia...
あわせて読みたい
ラブライブ公式サイト乗っ取り被害の犯人確定で顔画像や名前と年齢は?仕事やハッキング理由も!
ラブライブ公式サイト乗っ取り被害の犯人確定で顔画像や名前と年齢は?仕事やハッキング理由も!ラブライブ!公式サイトのハッキング(乗っ取り)犯が特定されました!公式サイトをどうどうと乗っ取るような奴っていったいどんなフテェやつかと思い、さっそく調査して...
もくじ

上野かほはラブライブ公式サイトを乗っ取って何をしたかったのか?

突然、「上野かほ」氏からのツイートが上がりました。

リプライにもある通り、「ラブライブ会社」などというものは存在しません。

これまでのツイートにある通り、やはり「ラブライブ!」というコンテンツに詳しいというわけではないようです。

「ラブライブ!」というコンテンツの大きさに目をつけたようです。

そして常習犯ということは他にも被害者(未遂含)もいます。

このように、気づいて対応している方もいる一方で、今回の運営のように隙を突かれてしまったという事例もあるようです。

 

中にはかなり好意的に捉えてこんな意見もありました。

確かに混乱は招きましたが、結果的に返してくれたことを考えると、運営の不備を教えてくれたという捉え方もできなくはありません。

上野かほ氏への運営側の対応は?

どういった経緯でドメインを返すことになったのかは不明ですが、とにかく運営側、ファンに大きな混乱が起こったことは間違いありません。

当該アカウントは削除されていますが、運営がツイッター本社に連絡し、どこからツイートされたのかなどの情報を得ることで、然るべき対応をする可能性もあります。

 

また、元のドメインはこれまで通りラブライブ!のサイトにアクセスできるものの、公式からはまだ何も報告がありません。

ウイルスチェックなどの安全性の確認をしているのかもしれません。

ラブライブ!公式アカウントからの情報があるまではアクセスを控え、アクセスしたい場合はこちらhttp://www.sunrise-inc.co.jp/lovelive/で最新情報を確認した方が良さそうです。

まとめ

あわせて読みたい
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯行集団(犯人)は誰?人数や被害額も調査!
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯行集団(犯人)は誰?人数や被害額も調査!ラブライブ!公式サイトが乗っ取りの被害に遭い、話題になっています。HPにアクセスするとテキストが表示されてしまい、これまでのサイトに進めません。一方で運営側に対...
あわせて読みたい
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯人が特定!?
ラブライブ公式サイト乗っ取り(ハッキング)犯人が特定!?ラブライブ!公式サイトのドメインが乗っ取りの被害にあっていますが、特定班がその犯人のアカウントを特定した可能性があるようです。https://lovelivedays.com/officia...
あわせて読みたい
ラブライブ公式サイト乗っ取り被害の犯人確定で顔画像や名前と年齢は?仕事やハッキング理由も!
ラブライブ公式サイト乗っ取り被害の犯人確定で顔画像や名前と年齢は?仕事やハッキング理由も!ラブライブ!公式サイトのハッキング(乗っ取り)犯が特定されました!公式サイトをどうどうと乗っ取るような奴っていったいどんなフテェやつかと思い、さっそく調査して...

一体何がしたかったのか、結局真相は闇の中ですが…。

運営は、今後どのような対応をしていくのか、同じようなことが起こらないようにどのようなことをしていくのか、改めて点検をする機会となったと捉えるのが建設的ですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。


この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる